1. モンゴ流シャンプーEX

モンゴ流シャンプーEX

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(税込) 4,980円

スカルプシャンプーがメジャーになる前から、販売されていた頭皮ケアシャンプー。

豊かな髪が印象的な、モンゴルやインディアンの人々が使ってきたハーブを配合しています。

 

洗浄成分 ⇒ 3

適度な脱脂力と髪のまとまりを助けるココイルメチルタウリンNa、泡立ちを助けるデシルグルコシド、刺激が少なく洗浄力は高いラウレス-4カルボン酸ナトリウムが洗浄成分として配合されています。

モンゴ流シャンプーは、これらのアミノ酸系洗浄成分に加えて、モンゴロイドが古くから使ってきたハーブを配合しているのが特徴です。

 

泡立ち・泡切れの良さ ⇒ 3

泡立ちはすごくいいですね。ねちねちした泡が立ちます。髪に留まるので、泡パックもしやすいです。泡切れも悪くないんですが、髪に残る成分が多いのか、ちょっとヌルつく感じがあります。

 

頭皮の匂いがとれるか ⇒

スッキリします。皮脂の匂いが気になっている人にはすごくお勧め。香料の匂いも残りにくく、良いと思います。

 

洗い上がり ⇒

アミノ酸系のシャンプーで洗った後に感じることが多い「洗い残した感じ」はありません。ただ、泡の3分パックをしないと、この感覚は味わえないので、サッと洗って済ませたい人には不向きかと思います。

 

価格 ⇒ 2

400mL入りで4,980円(税込)。大容量なので、1回あたりの使用量で考えると高くないんですが、5千円近いのでちょっと躊躇するかもしれませんね。ちょっとの量ですごく泡が立つので、長持ちします。

 

独自成分配合の、男性用ロングセラー頭皮シャンプー

モンゴ流シャンプーって販売してるの長いですよね。

頭皮ケアとか、育毛シャンプーってメジャーになったのはここ数年だと思うんですけど、モンゴ流シャンプーはずっと前からあったように思います。

パッケージは最近、変わったみたいですね。これはちょっと前までのデザインですが

今のデザインも、公式ページで見るとわかりますけど、かなり派手ですよ(笑)

 

そしてこのシャンプー、液がかなり変わってます。なんと緑色なんです

パール感もあるので、なんとも不思議な色です。

ボトルはワインカラーというか、パープルなので最初に手に出した時はビックリ。

主人は「ドラゴンボールの登場人物みたいな色」とか言ってました(笑)

液を泡立てても、この緑色は残るんです。よもぎか抹茶でも入ってるのかと思うような色なんですよ。見た感じからして、爽やか

 

この緑色は、配合成分であるイラクサの色なんでしょうかね。

イラクサはモンゴルに自生する植物で、モンゴルの方々は葉や根を使って髪を洗っているんだそうですよ。

イラクサって、アレルギー反応を緩和する働きもあり、ヨーロッパやアメリカでも、ずっと珍重されてきたものなんですよね。

頭皮ケアにも役に立ってくれそうな感じがしますね~。

イラクサの他にも、ユッカ根エキスやシーバックソーン、カンカエキスなどハーブの成分が配合されています。

女性用の頭皮ケアシャンプーには、ハーブ成分が何種類も含まれているものが多いんですが、男性用ではあまり見ないですね。

自然な成分であるという他に、豊かな髪の人が多い地域のものを使っているのが、特徴的だなと思います。

 

髪を洗っている間は、他のシャンプーと比べて特に変わったことはないです。泡で3分間パックしてくださいというのはありますが、頭皮ケアシャンプーには多いんですよね。

気ぜわしい男性にはなかなかハードルの高いことだとは思いますが、たっぷりの泡で地肌パックは本当にスッキリしますから、やってみるといいと思いますね。

毎回シャンプーのたびに、でなくても、かなり頭皮環境は良くなると思いますよ。

主人は泡立ちはいいけど、泡切れが気になると言ってました。確かに、泡がもっちりしているので、サッとすすげる感じではないです。

このへんも、気ぜわしい男性にはハードルが高いかな。硫酸系や、シリコンの多いシャンプーに比べたら、すすぎ残しの害は少ないと思うんですが、やはり残らない方がいいので、すすぎはしっかり。

 

洗い上がりはなかなか良い感じです。頭皮ケアシャンプーにありがちな、「汚れが落とし切れてない感じ」がありません。スキッと爽やか、というのとは違いますが、地肌がジットリする不快感はないですね。

そして皮脂の匂いも残りません。ある程度の年代の男性は、頭皮の匂いが気になるところだと思うんで、これはなかなか良いのかなという印象でした。

モンゴ流シャンプーEXの公式ページはこちら

 

こちらもどうぞ

LUXE(ラグゼ)

天然ハーブ配合のアミノ酸シャンプー。メントール感が強く、ハーブの良い香りもします。男性向けとしてはちょっと珍しい処方。心地よい使い心地でした。

 


このページの先頭へ戻る