1. MONOVO

MONOVO

管理人の評価(平均:3.0点)
価格(税抜) 3,700円

男性むけの、ミントの香りとサッパリした泡切れが特徴的なシャンプー。男性の粘り気の強い皮脂を洗い流すには、3分間の泡パックが推奨されています。もったりした泡立ちのものが多いアミノ酸系の中では、ちょっと珍しいスッキリした使用感のシャンプーです。

 

洗浄成分 ⇒

ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタインなど、アミノ酸系の洗浄成分が配合されており、地肌に刺激はまったくなさそう。

植物エキスも多く配合されています。オタネニンジン根エキス、褐藻エキス、センブリ、ボタンなどなど、その数は実に31種類。栄養補給、血行促進と、さまざまな役に立ってくれそうです。

 

泡立ち・泡切れの良さ ⇒ 3

サラサラした液で、サッパリした泡が立ちます。泡立ちは悪くありませんが、水っぽい液なので上手に泡立てられる人は多くないかも。泡切れはすごく良く、すぐにスッキリと流せます。

 

頭皮の匂いがとれるか ⇒ 2

3分間の泡パックをちゃんとすれば、皮脂も流れて頭皮の匂いは残らないと思いますが、すぐにすすいでしまうと匂いも残りそう、という印象。

 

洗い上がり ⇒ 3

メントールが強く、スッキリした感覚は感じやすいと思います。泡パックをしたのとしないのとでは、洗い上がりにとても差がつくので、パックは必ずした方がいいですね。

 

価格 ⇒ 3

300mL入りで、単品1本買いだと4,500円(税別)。送料は無料(公式ページで購入の場合)で、標準的といったところでしょうか。定期購入だと3,700円で買えて、いつでもストップできます。

 

使う人を選ぶかも・・・と感じる頭皮ケアシャンプーでした

MONOVO(モノボ)ヘアトニックブラックシャンプーは、男性むけのアミノ酸系シャンプーです。

頭皮・地肌に刺激の少ないアミノ酸洗浄剤のシャンプーは男女兼用で使えるものが多いんですが、これはしっかりと男性向け、って感じ

コロンとしてて、ちょっと珍しい形のボトル

液はご覧の通り、ほぼ透明。そしてね、この手のシャンプーとしては珍しく、サラッサラな質感なんですよ。

私の主人は最初、手に出したときあまりにもサラサラでビックリしたと言ってました(笑)

サラサラな分、ワンプッシュで出てくる量が多く感じるし、勢いも良く出てくるので、手からあふれないように気をつけたいです。

 

泡立てはしやすいです。あまり粘り気のない、サラっとした泡がたくさん立ちます

でもね、この泡、すぐ消えちゃうの。おかげですすぎはラクなんですが、ちょっと「んー」と感じることもあって。

というのも、このシャンプーって、普通に髪を洗って流してしまうと、皮脂が落としきれないんですよ。

 

脱脂力の弱い成分で作られているので、先にお湯ですすぎ洗いをじっくりしておく必要もあるんですが、それにしてもあまり汚れが落ちない気がする。と主人が言うので、そうかと思ってたんですけどね。

実はこのシャンプー、泡立てて髪を洗ったら、そのまま3分間ほど泡でパックしておく、というのがポイントなんですね。なのに、泡がすぐ消えちゃうという。

 

女性用のシャンプーにも、「泡パックもできますよ」というのはありますけど、たいがい1分間とかそのくらいなんですよね。しかしこれは3分間パックだという。

長すぎないかなぁ~男性が使うには。

実際、私の主人はそんなこと知らず(ちゃんと説明を読んでないからだけど)、ちゃっちゃと洗っちゃったから、スッキリしないなーという感想をもったわけですよ。

で、3分間パックするんだってよ、と言ったら「え、めんどくさい」っていう反応(笑)

もっとも、主人は今現在、薄毛の悩みがあるわけじゃないからかもしれませんけど。悩んでたらシャンプーのたびの3分パックくらい頑張るのかも。

なんとなく、男性は自分に手をかけるのを面倒くさがる人が多いように思うんで、シャンプーのたびに泡パックはハードルが高い気がします。

もうちょっと手軽に使える方を選ぶかな。

内容としては、植物性のエキスや油分も多く、ハッカ油も使われてて爽快感もあるし、悪くないだけにちょっと惜しいかなと思いました。

MONOVOシャンプーは、スッキリしたミントの香りが欲しい人、毎回の地肌の泡パックが苦にならず、すすぎがラクなものを使いたい人にお勧めなシャンプーでした。

MONOVOシャンプーの公式ページはこちら

 

こちらもどうぞ

U-MAシャンプープレミアム

馬油配合で保湿重視な頭皮シャンプー。長年愛用している人も多い人気商品ですが、最近リニューアルされました。ガゴメ昆布由来のフコイダンも配合され、より保湿力・修復力が高まりました。

 


このページの先頭へ戻る